お役立ち情報



空気圧の知識

空気圧不足は外観からはわかりにくい

下の写真は車両に取り付けられたタイヤの空気圧を「850kPa」と「500kPa」に設定し外観を撮影したものです。大型車用タイヤは、空気圧が不足していてもタイヤのたわみが少ないため、見た目ではわかりにくくなります。

850kPa(245/70R19.5実車時)500kPa(245/70R19.5実車時)

このページのトップへ

空気圧の低下は燃費や摩耗悪化の原因に

空気圧が低下した状態で走行すると、燃費の悪化やタイヤの摩耗を早めるなど、さまざまな不利益が生じます。

空気圧と燃費

このページのトップへ

指定空気圧からの過不足は、性能が損なわれるだけでなくタイヤ損傷の原因に
  • ■ タイヤ空気圧不足による悪影響
  • ● タイヤのたわみが大きくなり、過度の発熱によってはく離(セパレーション)やコード切れを起こします。
  • ● タイヤショルダー部の摩耗を早め、走行安定性が悪くなります。
  • ● ビードの動きが大きくなり、リム擦れやリムカットを起こします。
  • ● 走行抵抗が増し、燃料消費が多くなります。
  • ■ タイヤ空気圧過多による悪影響
  • ● トレッドが外傷を受けやすくなる他、ショックバーストやコード切れを起こし易くなります。
  • ● 発進時や制動時にタイヤがスリップし易く、トレッド中央部が早く摩耗します。
  • ● ビード部に無理な力がかかり、ビードワイヤー折損やビード部のはく離(セパレーション)を起こすことがあります。

JATMA発行「自動車用タイヤの選定、使用、整備基準」より

このページのトップへ

温度変化で空気圧も変わる

外気温やタイヤの温度が変化すると空気圧も変化します。
タイヤが暖まっている時の空気圧調整は行わないでください。

温度変化による空気圧変動状態

このページのトップへ